なぜあの6号機はヒットしなかったのか。【ユニバ&KPE編】

6号機ヒットしない理由【ユニバ&KPE】コラム・その他

儚く散っていった台の理由を探るシリーズ。今回は機種が少なかったのでユニバとKPEをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

アナザーハナビ弥生ちゃん

アナザーハナビ弥生ちゃんユニバの6号機第一弾として登場したこの台。ハナビシリーズのキャラを題材にしたスピンオフ作品です。

当時は絆!凱旋・ハーデス!まどマギ!とユニバの天下でしたから期待していましたが...

なぜ弥生ちゃんは人気が出なかったのか。

天井非搭載のせい

5.9号機はヒット作がほとんどない暗黒の時代でしたが、その主な理由は規制で天井を搭載できなかったためです。

AT復活!天井復活!と謳われた6号機のAT機でなぜ天井を非搭載にした!?

5.9号機のころの辛い印象をぬぐい切れませんでした。

液晶が無いため

弥生ちゃんわざわざハナビから可愛いキャラを引っ張ってきて台を造るのは分かる。

可愛さを売ってるのになぜ液晶が無い!?

さらに液晶のないAT機はゲーム性が分かりにくいため敬遠されがちです。

これらの理由で特に打つ理由もなく、打ち続ける理由もないため人気が出ませんでした。

戦コレ!徳川家康

戦コレ4こちらはKPEの6号機第一弾の作品。人気の戦コレシリーズの徳川家康をスピンオフした機種です。

ATの一撃性能の低さ

この台で一撃2,400枚で有利区間完走というのは見たことないレベルです。それくらい一撃性能が低いです。

ATが8セット続くとエンディング(完走ではない)となり、ストックを持っていれば「裏 戦国タイム」へと突入します。

が、この「裏」の性能も大したことないし『戦コレ2』のように8セット世界制覇で恩恵があるわけでもありません。

ATが単調なせい

ATは性能が低いだけでなく単調でもあります。

特に特化ゾーンと呼べるものはなく、あるのは疑似ボのみ。この疑似ボも突入率・恩恵共に強くないという辛さ。

まあKPEだし...っていう台です

G1優駿倶楽部2

g1makoプチヒットした5号機G1優駿倶楽部の後継機です。

ですが今でも初代の方が設置店舗が多く、8月にはマコパネルの増産予定が申し込みが少ないため中止となりました。

なぜG1優駿2は人気が出なかったのか。

初代があるせい

シンプルにゲーム性もスペックも初代G1と変わらないため、あるなら5号機の方打つわ。という感じです。

初代は凱旋ロードに入れてまこまこタイムやれれば万枚の夢も見られますしね。

初代との差別化に新要素もありましたが、かえって分かりにくくなってた印象です。

まとめ

今回紹介した機種たちのダメなところを挙げるとすれば

・AT機なら天井搭載しろ

・続編をそのまま出してもただの劣化ver

ってところでしょうか。

コメント