6号機×4thリール【スロット花伝】はAT平均1000枚over!?

6号機新台花伝サムネスロット

平和から新台6号機花伝(はなでん)が登場。6号機初の4thリールを搭載しています。

スポンサーリンク

6号機初の4thリール!

6号機新台花伝ひっさしぶりに4thリールの機種が出ます。停止ボタンまでしっかり4つあります。

4thリールを活かした多彩なゲーム性に期待しましょう。

初当たり確率・機械割

初当たり確率機械割
設定11/84597.4%
設定21/81198.8%
設定31/775100.5%
設定41/715103.5%
設定51/684106.2%
設定61/628110.1%

6号機の設定6でこんなに初当たり重いのも初じゃない?(褒めてる)

ゲーム性・特徴

CZ「猪鹿蝶チャンス」を目指す

通常時はまずレア役や100G毎の周期抽選でCZ「猪鹿蝶チャンス」を目指します。

このCZに成功するとAT「五光降臨」突入です。

300Gと700GはCZ当選確定です。

ATの期待枚数1,100枚!

五光降臨は約220枚獲得でき、終了後は「こいこいタイム」という引き戻しゾーンに入ります。

こいこいタイムは30Gでその間に1/3.6を引ければ「乱舞ボーナス」確定とかなりゆるふわ仕様です。

30Gで1/3.6って無限じゃん!

と思いますが補足すると、こいこいタイムはLAST30Gから始まりLAST27Gでボナを引くと、このボナの後はLAST27Gの状態から始まります。

つまり30G間で何回1/3.6を引けるかというゲーム性です。平均8個くらいらしいです。

さらに30Gが再セットされることも...

純増6.2枚のAT機で設定不問で平均獲得枚数約1,100枚です!リゼロや北斗と互角以上。

コイン単価が3.6枚!?

にわかには信じがたいのですがコイン単価が3.6枚だそうです。ちなみに番長3は2.9枚、リゼロは3.1枚、ミリゴ凱旋は4.0枚です。

花伝は6号機スロットで一番の荒さを誇る台になるかもしれません。

めちゃくちゃハイエナ仕様な気がする...

ベースは36G

千円あたりのベースは36Gで、今までの6号機と比べると大分下がります。だからこそ高いコイン単価に出来たんですね。

もしかしたら6.1号機なのかな?

通常時のモード

通常時には
①CZ抽選に関するモード
②ゲーム数によるCZ抽選に関するモード
③CZ成功確率に関するモード

の計3種類のモードで管理されています。

内部的には少し複雑なのかな?

200G以内のCZ確率・AT当選率がUPする特殊高確モードというものもあるそうです。

導入日はいつ頃?

導入は2020年1月20日~予定です。

予定台数は6,000台と多くはありません。

メーカーはアムテックス

メーカーは平和のグループ会社であるアムテックスから出ます。
最近は『南国娘2』の30パイverを造っており、6の機械割が113%で意外と優秀な機種です。

花伝にも期待

まとめ

「また毒にも薬にもならない華系の新台がでたよ..」と思っていたのですが、ふたを開けてみるとなかなか良さそう。

純増6.2枚で平均獲得1,100枚。コレが6号機でよくある”ウソ”でないことを願います。

コメント