6号機「ドリームクルーン2」クルーン成功=AT当選じゃない!?【オーイズミ】

オーイズミ新台6号機「ドリームクルーン2」スロット

オーイズミからシリーズ三作目となる「ドリームクルーン2」が登場!今作は大当たりへのルートについて、よく言えば革新、悪く言えば改悪と呼べる変化があります...

スポンサーリンク

純増3.1枚のAT機

今作は純増3.1枚のAT機です。前作までと同様、一度ATに入れてしまえばまとまった出玉を獲得できるシステムだと思われます。

ドリームクルーン1では初当たり確率が1/498で500枚以上獲得でした。今作はそれより重いですから一回の出玉にも期待です。

MAX一撃1500枚という噂も⁉

そして千円あたりベースは約53Gとめちゃくちゃ回ります。

導入日はいつ頃?

導入は2019年12月~となっています。

AT初当たり確率・機械割

AT初当たり確率機械割
設定11/69897.4%
設定21/63098.9%
設定51/504103.0%
設定61/422107.0%

この台、4段階設定なんです。まあドリームクルーンに設定は関係ないですが、AT初当たりにガッツリ設定差があるのはシリーズ初めて。

設定関係なしのクルーンが魅力だったけどどうなるのか

クルーンに成功してもAT確定じゃない!!?

確定情報ではなく僕の計算によるものですが、どうやら今作はクルーン成功=AT確定では無さそうです。その理由を詳しく見ていきましょう。

クルーン発生率・成功率

まずクルーンについての確率はこんな感じで判明しています。

クルーン発生率クルーン成功率
設定11/1291/3.5
設定21/1231/3.4
設定31/1191/2.9
設定41/1121/2.6

つまり設定1で初当たりは約1/450という計算になりますが、AT当選率は1/698。

どういうこと??

ここでもう一つ分かっている情報が。

ルーレット成功確率

しれっとルーレット成功確率という情報も出ているのです。見てみると

ルーレット成功確率
設定164.8%
設定265.5%
設定568.3%
設定670.6%

ルーレットってなんや!と思いましたが、先ほどの1/450と64.8%を掛け合わせると...約1/698に。ということで今作はクルーン成功後ルーレット演出に発展、ルーレット成功でAT当選となる模様です。

前作「ドリームクルーン711」との比較

前作と今作のクルーン突入率・成功率・AT初当たり確率を見比べてみましょう。(設定1)

クルーン突入率クルーン成功率AT初当たり
今作(6号機)1/1231/3.51/698
前作1/1291/6.11/745

確かにクルーン成功率が段違いだからルーレットがあっても仕方ないか...って気分にはなります。

コメント